止まらない!雪でブレーキきかず、電車が駅を通過[2016/11/24 17:03]

 栃木県那須町のJR豊原駅で、列車がオーバーランしました。運転士は「雪でブレーキを掛けたが、止まらなかった」と話していて、乗り降りする利用客もいなかったため、電車はそのまま次の駅に向かいました。

 24日午前7時ごろ、那須町のJR豊原駅で、東北本線下りの各駅停車の列車がホームの停止位置から約160メートル、オーバーランしました。JR東日本によりますと、24歳の運転士が「雪が降っていて、ブレーキを掛けたが、うまく止まらなかった」と話していて、線路に積もった雪の影響でブレーキが利かず、停止できなかったとみられています。乗客約20人にけがはありませんでした。列車は駅で乗り降りする利用客がいなかったため、そのまま次の駅に向かったということです。JR東日本は「ご迷惑をお掛けして申し訳ない」とコメントしています。

こんな記事も読まれています