46人殺傷の「やまゆり園」 小規模・分散化で再建へ[2017/08/18 05:58]

 殺傷事件が起きた神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の建て替え問題で、黒岩祐治知事は小規模・分散化で再建する方針を明らかにしました。

 津久井やまゆり園で去年7月、入所者ら46人が殺傷された事件を受け、県の専門部会が建て替えを含む今後の施設の在り方について報告書をまとめました。17日、県の審議会で報告書が承認され、黒岩知事は当初の方針を変更し、小規模・地域移行の方針で再建していく考えを明らかにしました。
 神奈川県・黒岩祐治知事:「全面建て替えという方針はここにおいて変更すると。誠意を持ってご説明しながら、新たな方向性というものをご理解頂けるよう努めたい」
 一方、被害者の家族の一部からは大規模施設の再建を求める声が上がっています。