今夜ノーベル物理学賞 日本の有力候補者が目白押し[2018/10/02 11:50]

 ノーベル賞ウィーク2日目の2日は物理学賞です。こちらも日本人の候補者が目白押しです。

 有力候補の1人はパソコンのハードディスクなどに幅広く使われている「ネオジム磁石」を開発した大同特殊鋼顧問の佐川真人さん(75)です。また、鉄系の超伝導物質を見つけた東京工業大学教授の細野秀雄さん(65)や、電子機器の省エネに役立つと期待される磁気や電気など、複数の性質を持つ特殊な物質「マルチフェロイック物質」を開発した理化学研究所の十倉好紀さん(64)も有力視されています。物理学賞の発表は日本時間午後6時45分ごろです。