ロシアに拘束されたカニ漁船 ひと月ぶりに帰国[2019/03/03 07:02]

 ロシアの排他的経済水域で違法に漁をしたとして連行されていた島根のカニ漁船が、約1カ月ぶりに日本に戻ってきました。

 島根のカニ漁船「第68西野丸」は3日午前6時すぎに鳥取県境港に戻ってきました。第68西野丸は1月末、ロシアの排他的経済水域で違法に漁をしていたとして、ロシア国境警備隊にナホトカへと連行されていました。日本人の乗組員10人が現地で拘束されていましたが、その後に解放され、1日午後にナホトカを出港して帰路に就いていました。船が所属する島根県かにかご漁業組合は、ロシア側の主張する違法操業にはあたらないとの考えを示しています。