夢の島公園アーチェリー場が完成 東京五輪新設1号[2019/04/28 11:52]

 来年のオリンピック・パラリンピックに向けて東京都が新たに整備している6つの競技会場のうち「夢の島公園アーチェリー場」が完成し、披露式典が行われました。

 式典ではアテネ大会銀メダリストの山本博さんらが最初の矢を放ちました。約9億円をかけて造られたアーチェリー場は国内最大規模で21レーンあり、東京大会では予選が行われます。都が新たに建設する競技会場のなかで完成第1号です。式典には全日本アーチェリー連盟名誉総裁の高円宮家の長女・承子さまも出席されました。

こんな記事も読まれています