谷川弥一議員「佐賀は韓国か北朝鮮」 新幹線整備で[2019/05/20 05:56]

 衆議院・長崎3区選出で自民党の谷川弥一議員が九州新幹線長崎ルートの整備を巡って方針が違う佐賀県に対し、「韓国か北朝鮮を相手にしているようだ」と話していたことが分かりました。

 九州新幹線長崎ルートの整備のうち新鳥栖と武雄温泉の区間について、地元の佐賀県は多額の財政負担などを理由に反対しています。谷川議員は18日、長崎県内で新幹線トンネルを視察した際のあいさつで「佐賀はまるで韓国か北朝鮮を相手にしているようだ」と話したということです。谷川議員は「新幹線問題の解決のためには佐賀の説得が不可欠。大変、困っているという意味で言った」としています。長崎県などは佐賀県に対して新幹線整備に理解を求めていますが、交渉は難航しています。

こんな記事も読まれています