法隆寺参道に初のホテル 訪日観光客の取り込み狙う[2019/09/04 06:26]

 世界遺産「法隆寺」の参道に初めてホテルが完成し、公開されました。

 奈良県斑鳩町はにぎわいのある町をつくろうと2014年に条例を改正し、住居などに限られていた法隆寺周辺地域の建物の用途制限を緩和しました。その後、5年間で飲食店や雑貨店などが4店舗でき、今回初めて参道にホテルが建ちました。
 中西和夫町長:「滞在して街歩き観光をして頂いて、期待しているところです」
 町は日帰りではなく、斑鳩町に滞在してもらうことが狙いで、今後、インバウンド客を取り込みたい考えです。ホテルに滞在しながら茶道や華道、能や雅楽など和文化を体験できるのが特徴です。

こんな記事も読まれています