“アルパカ抗体”北里大学など「治療薬開発に期待」[2020/05/08 18:31]

 感染抑制の効果がある新たな抗体はアルパカの抗体から作られました。

 北里大学、花王、イプシロン・モレキュラー・エンジニアリング社の研究グループが開発したのはアルパカ抗体から作られた「VHH抗体」です。北里大学によりますと、この抗体は新型コロナウイルスだけにくっ付き、人の細胞に侵入することを阻止して感染を抑制するということです。温度変化などにも強く、低コストで生産が可能とされています。北里大学は「今回の成果は治療薬や検査薬の開発につながることが期待できる」としています。

こんな記事も読まれています