リニア新型車両の時速500km体感 騒音低減と実用性[2020/10/19 17:27]

 リニア新幹線の時速500キロの世界を体感しました。

 JR東海が公開した超電導リニアの新型車両は先頭車両のデザインの変更によって空気抵抗を13%下げ、騒音を低減しています。車内は座席の幅が2センチ広くなり、荷物も座席の下に収納するなど、より実用性を考えたものになっています。JR東海は2027年の開業を目指していますが、工事の遅れから厳しい状況が続いています。

こんな記事も読まれています