「忖度文化を持ち込むな」106の学会が共同声明[2020/11/06 12:05]

 任命拒否を巡って人文社会系の100を超える学会が、政府に対して理由の説明と拒否された会員の任命を求める共同声明を発表しました。

 日本近代文学会・佐藤泉運営委員長:「突然、排除されてその理由も知らされないというのは大変恐ろしいことだと思う」
 日本哲学系諸学会連合・野家啓一委員長:「忖度(そんたく)文化を官界のみならず、学会に持ち込もうとするものであり、これは到底、学会関係者として看過できない。(菅総理が言う)総合的、俯瞰(ふかん)的というのはまさに学術会議が担ってきたことであり、それを今回の任命拒否という事態は大きくゆがめるものである」
 この後、6日午後2時に学会の代表らが菅総理大臣宛ての要望書を内閣府に提出する予定です。

こんな記事も読まれています