JR東日本 最大30分程度の終電繰り上げ 20日から[2021/01/13 11:38]

 JR東日本は当初、春に予定されていた最大30分程度の終電の繰り上げを20日から前倒しで始めると発表しました。

 JR東日本は20日から山手線など首都圏の11路線で終電の時刻を繰り上げます。

 具体的には、平日は山手線が最大で28分、中央線快速下りでは東京から最大30分ほど終電が早くなります。

 期間は当面の間で、緊急事態宣言に合わせて検討していくということです。

 首都圏の鉄道各社は新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、東京都などから春に予定されていた終電の繰り上げを前倒しするよう要請を受けていて、私鉄各社も20日から繰り上げる方向で、13日午後に詳細を発表する予定です。

こんな記事も読まれています