河瀬監督に聞く 五輪記録映画で描く光と影[2021/08/12 23:30]

コロナ禍で行われた東京オリンピック。公式記録映画の監督はどう見たのでしょうか。河瀬直美監督に聞きました。

(Q.間近で五輪を見ていていかがでしたか?)

平均睡眠3時間で2週間を乗り切りました。

すごくアドレナリンが出ているというか、アスリートの皆さんをはじめ、ボランティアの方など、色んな人たちのすごい愛情を見ていると、自分自身のなかで沸き立つものもあった2週間でした。

(Q.コロナ禍でもあり、色んな見方があるオリンピックでしたね?)

本当に“光と影”です。光の部分だけを描くものではなく、影を描くことも試されていると思います。

私はフィクションも撮っていますので、やっぱり最初に影の部分があって、問題提起をして、それをどう解決していくのかというところにストーリーの面白さというか、観ていく人たちの欲求はあるものだと思っています。

(Q.どういったところに光と影がありましたか?)

やはり分断です。

約8割がオリンピック開催に反対している、望まれていないものをどうしてやるんだと、デモの方たちもたくさん出ていました。

自分たちの置かれている現実、新型コロナの感染者数が増えている状況のなかで、不安が不満になる。政府への不満。それもオリンピックがとても目立っているからこそ、そっちに全部不満が来るような意味でなされるなかで、それでもやろうとする人たちがいる。

そして、場を用意してくれたことに、感謝の言葉を述べたアスリートの声。選手たちが全人生をかけている姿には、皆さん本当に心を動かされたと思います。それこそが光だったと思います。

私は泣きながら撮っていました。やっぱり魂が震えるんです。

(Q.これまでに数多くの記録映画があると思いますが、河瀬監督ならではの部分はどこですか?)

公式映画は冬季も合わせると100本くらいありますが、女性監督は5人くらいしかいません。

結婚・出産はアスリートにとって『悪魔のキス』と言われています。

出産は、自分の肉体をアスリートとして鍛えている時間をいったん中断しなければならず、キャリアを伸ばせない。それはアスリートだけではなく、恐らく仕事をしている私たち女性にも言えることです。

それを『悪魔のキス』と言ってしまうアスリート業界で、出産してもなお、金メダルを取った女性アスリートがいます。

私は事前からずっと取材をしていて、そういう部分にも光を当てています。

女子1500メートルで金メダルを獲得したフェイス・キピエゴン選手や、アーティスティックスイミング金メダルのスベトラーナ・ロマーシナ選手。こういう人たちは本当に圧巻でした。

(Q.撮影はデジタルカメラではなく、フィルムですか?)

16ミリのスクーピックというものです。

自分で久しぶりにフィルム装てんもして、撮影をしました。

自分自身の記憶をもう一度、再体験という、それこそ追撮をやりました。

フィルムはやっぱり、モチベーションが全然違いますね。

こんな記事も読まれています