「接種したことを失念…」病院職員の男性が4回接種[2021/09/03 19:20]

 東京・足立区は区内に住む病院職員の男性が医療従事者らの優先枠と一般区民の枠の両方で新型コロナウイルスのワクチンを合わせて4回、接種したと発表しました。

 足立区によりますと、病院職員の50代男性は4月と5月に自分が勤務する病院で医療従事者らの優先枠として2回ワクチンを接種しました。

 その後、足立区から一般区民用の接種券が届いたため、先月に区の集団接種会場で2回、接種したということです。

 接種記録の点検中に男性が4回接種したことが発覚したということで、男性は区に対して「医療従事者らとして接種したことを失念してしまった」と説明しています。

 これまでに男性の健康被害はないということです。

 区は医療従事者らに対し、決められた回数より多く接種しないようホームページなどで注意喚起することにしています。

こんな記事も読まれています