天皇皇后両陛下が新型コロナでご進講[2022/02/28 22:29]

 天皇皇后両陛下が新型コロナウイルスに関連する説明を専門家から受けられました。

 両陛下は、皇居の御所で長崎大学熱帯医学研究所の山本太郎教授から「感染症の歴史」について説明を受けられました。

 山本教授が、過去のウイルス感染症について、「気候変動や環境問題と密接に関係があった」と話すと、天皇陛下は「気候変動などは、色々と波及する重要な課題」という認識を示されたということです。

 また、山本教授が、「感染症の大流行は社会変革のきっかけとなる可能性があり、終息後の社会のありようを、考えることが重要」と指摘したことについて両陛下はうなずかれていたということです。

 天皇陛下が新型コロナに関連し、専門家らから説明を受けられるのは今回で20回目です。

こんな記事も読まれています